« ワールドグランプリ、予選終了 | トップページ | ワールドグランプリ、ブラジル戦 »

WGP2005決勝R、前半戦は1勝1敗

13日から始まったワールドグランプリ決勝ラウンド、初戦のイタリアには0-3のストレート負けでしたが、昨日のオランダ戦は第1セットこそ失ったものの3-1で逆転勝利。

予選とはまるで別のチームかと思うような完敗でスタートした決勝ラウンド。2戦目も最初のセットを失って、どうなってしまうのかと思いましたが、徐々にペースを取り戻して勝利。成績を1勝1敗としました。

一方で、世界ランク1位、予選でもトップの中国がキューバ、ブラジルに連敗と苦しんでいます。でも、今の中国チームって平均年齢が若いんですよね。北京オリンピックの時にピークを持ってくるためのチーム作りに見えながらもこの位置にいると考えると、やっぱり強いよなぁ…

今回の日本代表を予選から見ていて、平均身長が低い、低いとは言いながら、結構ブロックが決まってるんですよね。相手チームに「背が低い選手が多いから思い切り打ってやれ」という気持ちがあるんでしょうか?
守備には定評のある選手が多いですから、シャットアウトできないまでもワンタッチ取れれば竹下のトスワークから多彩な攻めへと繋ぐ事ができるので、予選トップ3との対戦になる明日からも良い流れを続けていって欲しい。

|

« ワールドグランプリ、予選終了 | トップページ | ワールドグランプリ、ブラジル戦 »

コメント

>ひとりさん


コメントありがとうございます。
今日の試合でも菅山の出番はピンチサーバーから後衛のみと、状態は良くないようですね。
身長差を何とかするには打ち方を工夫したり、タイミングをずらしたりと、体に負担もかかるでしょうから大変だとは思いますが、活躍を期待したいものです。

投稿: 伊達酔狂 | 2005.07.17 00:10

白熱した試合で目が離せない展開でした。
第3セットを接戦の末に取れたのが大きかったですね。
今後の試合に期待です。心配なのは菅山ですね。
右太ももの調子がやはり悪いのでしょうか。

投稿: ひとり | 2005.07.15 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3293/4979267

この記事へのトラックバック一覧です: WGP2005決勝R、前半戦は1勝1敗:

» 日本、オランダに辛勝 [ひとりの独り言]
女子バレーWGP決勝ラウンド第2戦のオランダ戦は辛くも勝利した。 本当にナイスゲームでした。ラリーが続きどちらが勝っても可笑しくない内容だった。 イタリア戦では、徹底したマークでやられた大友愛が右に左にとポジションを入れ換え、オランダのスパイクを阻止した。終わってみれば6本のブロックを決めた。 それにしてもガリバー軍団のオランダは高い。スパイカーの平均身長が190cmを超える。... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 16:04

« ワールドグランプリ、予選終了 | トップページ | ワールドグランプリ、ブラジル戦 »